“LIFE AND BIKELIFE”

命とバイクライフ

4歳から先代の後ろや前に乗り、バイクに親しんでいた。その時感じたのは、”命”そのものだった。バイクって格好さも大事だよね。乗るにつれて気軽にバイクに跨るんだけど、だんだんと命の大切さに気づいてくる。その命の大切さを伝えられたらいいなって思う。乗り手自身がバイクのこととか保険のこととか知識を深めてもらって。大人になるにつれてだんだん責任を覚えていかなくちゃいけない。バイクに乗るとそういうのが早く分かってくるんだ。バイクを通じて社会の仕組みを教えていきたい、何よりも”命”の大切さを一番に伝えていきたいと思っている。

MAINTENANCE

  • ホンダバイク
  • バイクってね、ちょっとサビが入るだけで全部動かなくなることがあるんだ。特に電気系統って弱い。些細なことでバイクとか車って動かなくなる。でも、サビだから磨いたらすぐ治るんだけど、整備屋に持ち込むとすぐ交換してしまうお店も多い。けれど、本当に大事な部分を見過ごしてしまうと”命”に大きな影響を与えてしまう。

THE OLD ME

FEAR THE MOTORCYCLE

小学3年生の時。先代と僕、先代の友人と3人でツーリングしていたら目の前でその友人が転倒してしまった。バイクで転んでしまう人を見たのはだった。物凄い音を立てて転倒してしまった友人はそのまま植物人間になって、いくら話しかけても答えてくれないんだ。今まで楽しい乗り物だと思っていたけど、その事故を目の当たりにして、楽しい乗り物から怖い乗り物だと思うようになってしまい、バイクのことが嫌いになってしまった。それからずっとバイクという乗り物がどこか怖いなって思い続けることになったんだ。

大学卒業後も店を継がずにIT企業に就職した。そして、べンチャーとして自分の商売も始めた。でも、働きながら頭の片隅にはいつもバイクのことがあったんだ。どっか自分の中で、どっか人生の中で、自分自身が逃げているもの。自分で商売を始めてみるといろいろ思い返してしまう。いろいろ考えてしまう。小学生のあの事故を経験してから逃げてきたのだと、26歳でやっと理解した。

NOTICE THE TRUTH

  • 整備風景
  • 本当の意味で自分に勝たなくちゃいけないなと思い始めた。何故、あの事故は起きたんだろうとふとふと考えるようになった。あの事故はたまたま路面上にオイルがこぼれていた。整備不良の車かバイクがあったことが調べてわかって、整備屋がちゃんと整備していたなら、乗り手がちゃんと自分の命に向き合って、バイクや車に向き合えていたなら、あの事故は起こらなかったんじゃないかって。今まで逃げてきたもの。あの時の恐怖は自分の手で起こさないようにできるんじゃないか。「バイクのこと、車のことを触りたい。もっと知りたい。」そう思い改め、27歳で専門学校に通い、正しい知識を身に付けることにした。

NEW WORLD

  • 自転車時代
  • 自分だって自分のことを裏切ったりするけど、結局戻ってくる。回り道しながら悩んだりもしたくなるけどみんな一緒だよね。もういいやって投げ出したくなるんだよな。仕事を捨てて自分でやっていると投げ出さないけどさ。結局投げ出さないことが大事だとわかってくるけど、それがわかるのは辛いこともたくさんあって時間がかかるよね。若いうちはいろいろ悩んでいてもいいけど、あとあと戻ってくれるように周りのサポートは大事だと思う。もしかしたらバイクじゃなくてもいいのかもだけど、でも、バイクって気軽にいろんな人に出会える。自転車とかバイクで一人旅をしていたんだけど、気軽に友達になれるんだよね、バイクって連帯感が生まれる、それは今と変わらないはず。今でもそれは変わらないから。僕もバイクを通じていろんな人に会っているし、バイクがなかったらその人と出会えていないわけで。人の繋がりって楽しくてすごいことだからさ。そう喜びをみんなと分かち合えたらなって常に思っている。みんなの”命”は僕が守っていきたいんだ。

  • kofujidaisuke
  • トーヨーオート
    2代目代表取締役
    小藤 大輔

    サイン